あごや口の周りのニキビの原因とは?

ホルモンバランスが強く影響してくるのが、あごや口の周囲に発症するニキビです。
だから、頬にできる大人ニキビとは違った原因があるようです。
あごや口の周囲に出てくるニキビは、ストレスやホルモンバランスによって出てくるものなのです。

 

その主な原因には、生理のようなホルモンバランスの乱れや冷え性、
ストレスなどがあります。
また、顔を洗うときにフェイスラインに洗顔料のすすぎ残しがあるなどのことが原因になることもあります。

 

もしよくフェイスラインにニキビができてしまうなら、
生活習慣そのものを見直すようにしてください。
ストレスがなるべく蓄積しないような環境を作り、
気分がリフレッシュするような環境、タイミングを作りあげたほうがいいですね。

 

とにかく、ストレスを溜めこまないようにしましょう。

 

 

あごや口の周りのニキビケア対策、予防方法について

 

あごや口の周りのニキビを防ぐためには、やはり生活習慣の改善が必要ですね。
それに、ホルモンバランスが崩れやすい人にニキビができやすいのも事実です。
特に、男性ホルモンに似た成分が多く分泌される体質の人にニキビが出やすいのです。

 

そのため、女性ホルモンに似た成分を体に取り入れるようにしましょう。
つまり、大豆イソフラボン、ビタミンBなどをよく摂るようにするといいですね。
また、ビタミンCの摂取量をあまり増やし過ぎないように気をつけましょう。

 

ビタミンCはコラーゲンを確かにたくさん生み出してくれます。
でも、あごにニキビができる人が、ビタミンCを多く摂取しすぎると却って逆効果になってしまうこともあるのです。
その皮膚の部分に対して、集中的なケアをしっかりと行ったほうが効き目があるのですね。

 

それに、男性の場合はヒゲ剃りがニキビの原因であることもあります。
また、栄養が偏らないように気をつけた食事をしましょう。